インフルエンザの予防注射をしたほうが良い?

新宿区には多くのクリニックがあります。その一つに新宿駅前クリニックがあります。新宿駅の近くで新宿西口から徒歩1分のところにあり、新宿区を中心に仕事や生活をしている方に便利です。ビルの3階にあるのですが、エレベーターがあるので足の不自由な方でも安心です。また、予約が必要ないため診療時間内であればいつでも診察ができます。複数のドクターがいたり、電子カルテを10台使用したりと、できるだけ待ち時間を短縮させる工夫もされています。仕事などで忙しい方でも、空いた時間を使って診察できます。女性の方にも診察しやすいように、女性のドクターが常勤しており気兼ねなく診察を受けることができます。それぞれのドクターの経歴や診察の曜日などはホームページで見ることができます。クリニックの診察曜日は月曜日から金曜日、午後診察は19時までなので仕事帰りなどにも利用できます。
診療内容は、内科、皮膚科、耳鼻科があります。耳鼻科の診療内容には、風邪やアレルギー性鼻炎、咳や鼻水などがあります。耳鼻科だけに限りませんが、1回の診察で完治しない内容も多くあります。そのため、通院を続けないといけなくなります。また、新宿区では耳鼻科の診療を行っているクリニックは内科などに比べ多くはありません。そんなとき、移動にも便利な新宿駅の近くで通える耳鼻科があるというのは助かります。
また、インフルエンザワクチンの予防接種も行っています。予約不要で受けることができ、自分の都合のいい時間に打つことができます。回数は1週間から4週間ごとに1回接種で、費用は自己負担です。新宿区は多くの人が集まる場所の一つです。新宿区でも過去にインフルエンザの流行や学級閉鎖などが起こっています。自分自身や家族、周りの人への感染を防ぐためにも、ワクチンの接種について考えることも必要です。また接種前には自分の過去の病歴やアレルギーの有無などを医師に十分相談の上行うことが大切です。

 

インフルエンザは、ウイルスに感染することで起こる疾患です。感染すると、1日から3日程の潜伏期間の後に発症します。そして、突然の高熱や全身の倦怠感、のどの痛みや鼻水など様々な症状を引き起こします。そのようなつらい症状の中病院へ行くのは、とても大変なことです。通常は一週間程で症状は落ち着きますが、中には重症化する人もいます。
発症する前の準備として行うものの一つに、予防接種でワクチンを打つ方法があります。ただしワクチンを打っても、インフルエンザにかかることがあります。なぜなら、ワクチンには感染を予防する効果はないからです。感染を防ぐには、ウイルスが体の中に入ってくるのを防がなければなりません。ワクチンにはそのような働きはありません。けれどもウイルスが体の中に入ってきたときにウイルスを排除する働きがあります。
人の体は、ウイルスに感染すると排除しようとします。その時に、抗体というものを作ります。再び同じウイルスが体の中に入ってくると、以前作った抗体がそのウイルスを倒します。この一連の流れを免疫と言います。予防接種ではこの免疫の働きを利用しており、体内に感染性をなくしたウイルスを入れ、それを排除する抗体を作り、同じウイルスが入ってきたときにそのウイルスを倒す免疫を作っています。
ただし、ワクチンによる免疫は永遠と続くものではなく持続時間があります。個人差はありますが、一般的には接種後2週間から5カ月程となっています。また、ワクチンを打ってから体に抗体ができるまでも期間があり、およそ2週間かかると言われています。そのため、感染が流行する時期を考えたうえでワクチンを打つことが大切です。接種の回数は、年齢ごとに異なっており、1回、または2回となっています。2回打つ場合や、他の予防接種との間隔などを考慮しながら接種を行います。

予防接種をすることで、ウイルスを倒す免疫が作られていきます。この免疫の効果は人それぞれですが、これにより発症率や重症化率を抑えることができます。重症化とは、小さい子どもだと脳炎や脳症、お年寄りだと肺炎になるなどのリスクのことです。そのほかにも、妊婦や持病を持っている方などもインフルエンザにかかると合併症を起こす危険が高くなります。これらの重症化の危険性を減らし、また治療期間を短くできるというメリットがワクチンには含まれています。
けれども、ワクチンを打っても効果があまり見られない人もいたり、副作用を起こしたりしてしまう人もいます。ワクチンを打つことでのメリットとともに、デメリットもよく理解したうえで接種することが大切です。また、自分が生活している地域の感染病に関する情報を知ることも、役に立ちます。例えば新宿区のインフルエンザについての情報だと、新宿区ホームページで見ることができます。予防接種の期間や、年齢ごとや障害のある方それぞれの自己負担金額についてなどが説明されています。また、新宿区の流行警報学校や幼稚園の臨時休業の情報までも見ることができます。これらの情報もワクチンを打つかどうかの判断の参考にもなります。
また、医師へ相談することもより安心して予防ができる方法の一つです。