季節性アレルギー性鼻炎の特徴と原因

季節性アレルギー性鼻炎とは、通年性の鼻炎と比べると一年の中で一定の期間のみに発症することが特徴です。原因としては、よく知られているメジャーなスギ花粉の他に、ヒノキやブタクサ、ヨモギ、イネ科の植物などがあります。スギは春先を中心にしており、イネ科は夏、ブタクサやヨモギは秋を中心に発症します。一定の季節にしか症状は出ないものの、一度かかると毎年同じ時期に苦しむこととなります。

鼻炎のくしゃみ鼻水、鼻づまりの他に、目のかゆみや涙、咳や喉のいがらっぽさなどが出ます。しかし、治療によって軽減させることもできるようになっており、アレルギー症状の出る前に早めにケアをする人が増えています。良いタイミングで治療を受けたいのであれば、新宿駅前クリニックの耳鼻科で相談してみると良いでしょう。新宿であれば、どこからでもアクセスが良く、タイミングを逃さずに治療を行えそうです。

新宿西口1分 耳鼻科|お待たせしないクリニック

日付:   カテゴリ:新宿の耳鼻科コラム and tagged , , , ,