喘息の咳や痰(たん)が出る症状

気管支喘息で特徴的な症状といえば、継続的で慢性的な咳や痰(たん)、夜寝てからゼイゼイヒューヒューとなる喘鳴を伴う息苦しさなどがあります。

咳や痰は風邪のように一過性ではなく、いつまでもしつこく続くことが多いものです。風邪から喘息を引き起こすこともあり、風邪をひいてから熱が収まったのに咳や痰、息苦しさなどが残ってしまった場合には注意が必要となります。

大人になるとこうした軽めの咳などは放置しがちですが、放っておいても治るものではないので、耳鼻科できちんと治療することが必要です。

忙しいビジネスマンは仕事の合間や会社帰りに通いやすい新宿で病院を探すのが便利です。新宿駅前クリニックであれば周辺エリアからも立ち寄りやすくなります。

新宿西口1分 耳鼻科|お待たせしないクリニック

日付:   カテゴリ:新宿の耳鼻科コラム and tagged , , ,