タグアーカイブ: 魚の目

足の裏や指にできるのが特徴的な魚の目

魚の目は体中のどこにでもできるわけではなく、足の裏や指にできるのが特徴的です。それは、足の裏や指は一番刺激や負担をかけやすい場所だからです。

特に足に合っていない靴を履いていると、毎日足に負担をかけていることになります。刺激や摩擦を長時間、ほぼ毎日かけ続けていると、角質がその刺激から皮膚を守ろうとして厚くなります。靴や地面に圧迫されている足の角質は皮膚の奥に向かって厚くなっていくのです。このような理由で足裏や指にできやすいのが魚の目です。

対策としては足に合った靴を選ぶことです。それと同時に、皮膚科に行って治療をしましょう。専門家に診てもらうことで、症状に合った適切な治療をしてくれます。

新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひとも、新宿駅前クリニックを受診されてください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

魚の目の名前の由来は「魚の眼球」に似ているから

足の裏や指、手の平や指などの表皮の深い部分の角質が厚くなり、硬くなったものを魚の目と言います。名前の由来は、魚の眼球に似ているから、と言われています。また、江戸時代に魚の目を食べるとできると言われていたこともあり、角質の形が似ているということで、そう呼ばれるようになったようです。医学用語では鶏眼と言います。

他には、底まめ、いおのめ、などといった別名もあります。 あまり見た目にいいものではないし、歩くと痛いものなので、自分でどうにかしたいと思ってしまいます。しかし、削ったり、はさみなどで切り取ろうとしたりしてもうまくできません。

キレイに完治しないのであれば、皮膚科に行って適切な治療を受けることをおススメします。新宿区で皮膚科をお探しの方は、新宿駅前クリニックへのご相談をお勧めします。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

魚の目は固くなった角質が皮膚の深部に侵入して出来る

いつの間にかできてしまった魚の目。歩くと痛いし、なかなかよくならないものです。どうしてこのようなものができてしまうのでしょうか?その仕組みは次のようなことです。足に合っていない靴を履いていると、刺激を受け、圧力がかかっている部分の角質が厚くなります。

皮膚は足を刺激から守ろうとして、肥厚していきます。足は常に靴などで圧迫されていますので、皮膚の深部に向かって厚くなっていきます。円錐形の状態で熱くなっていくため、中心に芯ができるのです。 魚の目が気になりだすと、カッターなどで削りたくなるものです。

しかし、むやみに削ってしまうと、傷ができそこから雑菌が入って膿んでしまう、ということもあります。自分では触らずに皮膚科で治療を受けた方がいいでしょう。西新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご利用ください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

自然と手足にできる魚の目の原因

手足に自然とできる魚の目。よく言われるのは足の裏や指です。原因は足に合っていない靴を履いていることです。窮屈な靴を毎日履いていれば、局所的に圧力がかかります。

それが刺激となって角質が厚くなり、長時間同じ状態を続けることで芯ができてしまいます。大きいサイズの靴を履いていても、靴の中で足がすべり、摩擦を起こすことが要因です。 手にできるものは、やはり、局所的に圧力がかかっていることが原因です。

手を使う作業をしていることで、その部分に負担がかかっているのです。できてしまったものは、セルフケアでは完治しにくいです。

皮膚科に行って専門的な治療を受けることをおススメします。新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひとも新宿駅前クリニックで治療を受けてみてはいかがでしょうか。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,