タグアーカイブ: 西新宿

吹き出物の原因になる潤い不足による「肌の乾燥」

吹き出物の原因の一つは肌の乾燥です。肌が乾燥すると角質が厚くなっていき、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーの乱れは、セラミドなどの保湿成分の分泌も不足させます。保湿力や水分保持力が低下すれば、肌はますます潤い不足に。肌が乾燥すると皮脂の分泌が過剰になりますので、吹き出物の症状を悪化させてしまいます。

肌の乾燥を防ぐには、正しい洗顔と保湿です。肌に刺激の少ない洗顔料やクレンジング剤を使い、きちんと保湿をしましょう。さらに肌をきれいにするには、皮膚科に行って専門的な治療を受けるといいでしょう。

炎症を起こして痕にならないためにもおススメです。西新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひとも、新宿駅前クリニックで早めに治療を受けてください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,

吹き出物は20代以降にできるニキビのこと

ニキビ、と聞くと若い年代の人ができるもの、という印象を持っている人も多いでしょう。確かに、20代以降にできるのは吹き出物と言われていました。

しかし、どちらも違いはないようです。ただ、吹き出物というと、不潔のように感じる、肌が病気になっているような感じがする、というマイナスなイメージが先行しますので、最近では20代以降にできるものを大人ニキビというようになりました。

ただし、大人になってからできるものは、原因が異なることが多く、対処法も異なりますので注意が必要です。 大人になってからのものは治りにくいという特徴もありますので、気になる人は皮膚科に行って専門的な治療を受けるといいでしょう。

西新宿で皮膚科をお探しの方は、新宿駅前クリニックまでご相談ください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

魚の目は固くなった角質が皮膚の深部に侵入して出来る

いつの間にかできてしまった魚の目。歩くと痛いし、なかなかよくならないものです。どうしてこのようなものができてしまうのでしょうか?その仕組みは次のようなことです。足に合っていない靴を履いていると、刺激を受け、圧力がかかっている部分の角質が厚くなります。

皮膚は足を刺激から守ろうとして、肥厚していきます。足は常に靴などで圧迫されていますので、皮膚の深部に向かって厚くなっていきます。円錐形の状態で熱くなっていくため、中心に芯ができるのです。 魚の目が気になりだすと、カッターなどで削りたくなるものです。

しかし、むやみに削ってしまうと、傷ができそこから雑菌が入って膿んでしまう、ということもあります。自分では触らずに皮膚科で治療を受けた方がいいでしょう。西新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご利用ください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

浅いやけどの症状は赤くなるだけ

やけどといっても程度はさまざまです。料理をしていてほんの少し油がはねただけ、熱湯が少量指にかかっただけ、というものや、煮えたぎったやかんのお湯を足全体にかけてしまった、などさまざまな原因によって、症状は異なります。
浅いやけどの場合は、皮膚が赤くなるだけです。浅い熱傷は、1度熱傷と言われ、最も軽いものです。表皮だけが傷んでしまうだけで、ヒリヒリとした痛みはあるものの、水泡ができたり、ただれたりすることはありません。1週間以内で完治します。
しかし、自分では軽いものだと思っていても、後になって傷んだり、炎症を起こしたりすることがあります。症状が回復しないようであればすぐに皮膚科に行くようにしましょう。西新宿で皮膚科の治療を受けたい方は、信頼度の高い新宿駅前クリニックを受診してみましょう。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,