タグアーカイブ: 皮膚科

吹き出物の原因になる潤い不足による「肌の乾燥」

吹き出物の原因の一つは肌の乾燥です。肌が乾燥すると角質が厚くなっていき、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーの乱れは、セラミドなどの保湿成分の分泌も不足させます。保湿力や水分保持力が低下すれば、肌はますます潤い不足に。肌が乾燥すると皮脂の分泌が過剰になりますので、吹き出物の症状を悪化させてしまいます。

肌の乾燥を防ぐには、正しい洗顔と保湿です。肌に刺激の少ない洗顔料やクレンジング剤を使い、きちんと保湿をしましょう。さらに肌をきれいにするには、皮膚科に行って専門的な治療を受けるといいでしょう。

炎症を起こして痕にならないためにもおススメです。西新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひとも、新宿駅前クリニックで早めに治療を受けてください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,

吹き出物の原因になる代謝の乱れによる「古い角質の蓄積」

吹き出物の原因の一つは、古い角質が溜まっていくことです。正常な肌であれば、28日周期でターンオーバーをしていき、新しい細胞が生まれ、古い角質は皮膚の表面から自然と押し出されていきます。

しかし、新陳代謝の乱れによって、なくなっていくはずの角質が肌に残り毛穴をふさいでしまうのです。毛穴がふさがってしまうことで、アクネ菌が繁殖し、大人ニキビになってしまうのです。

また、代謝の乱れは肌の乾燥を引き起こします。肌の乾燥も角質を肥厚させてしまい、症状を悪化させてしまいます。 ターンオーバーを正常に戻すのは、皮膚科に行ってケアをしてもらった方が効率的です。

ニキビ対策にもなり、美肌効果も期待できるでしょう。新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひとも、新宿駅前クリニックを利用してみましょう。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,

吹き出物は「大人ニキビ」とも呼ばれる

20代以降のニキビを吹き出物とも言いますが、大人ニキビとも言います。そのような名前がつくくらいですから、思春期にできるニキビとは違いがあるのでしょうか?

どちらもニキビには変わりはないのですが、原因が異なります。10代の頃にできるニキビは、皮脂が過剰に分泌されることで起こります。

一方の大人ニキビはホルモンバランスの乱れが原因です。社会人になって仕事のストレスや家庭でのストレスな、不規則な生活、暴飲暴食などが原因でホルモンバランスが乱れることで、ニキビができてしまうのです。

皮膚科では痕が残らない治療や、予防方法についてなど、専門的観点からアドバイスをしてくれます。悩んでいるなら、相談してみるといいでしょう。

新宿区で皮膚科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックの治療でお悩みを解消されてください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , ,

吹き出物は20代以降にできるニキビのこと

ニキビ、と聞くと若い年代の人ができるもの、という印象を持っている人も多いでしょう。確かに、20代以降にできるのは吹き出物と言われていました。

しかし、どちらも違いはないようです。ただ、吹き出物というと、不潔のように感じる、肌が病気になっているような感じがする、というマイナスなイメージが先行しますので、最近では20代以降にできるものを大人ニキビというようになりました。

ただし、大人になってからできるものは、原因が異なることが多く、対処法も異なりますので注意が必要です。 大人になってからのものは治りにくいという特徴もありますので、気になる人は皮膚科に行って専門的な治療を受けるといいでしょう。

西新宿で皮膚科をお探しの方は、新宿駅前クリニックまでご相談ください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

足の裏や指にできるのが特徴的な魚の目

魚の目は体中のどこにでもできるわけではなく、足の裏や指にできるのが特徴的です。それは、足の裏や指は一番刺激や負担をかけやすい場所だからです。

特に足に合っていない靴を履いていると、毎日足に負担をかけていることになります。刺激や摩擦を長時間、ほぼ毎日かけ続けていると、角質がその刺激から皮膚を守ろうとして厚くなります。靴や地面に圧迫されている足の角質は皮膚の奥に向かって厚くなっていくのです。このような理由で足裏や指にできやすいのが魚の目です。

対策としては足に合った靴を選ぶことです。それと同時に、皮膚科に行って治療をしましょう。専門家に診てもらうことで、症状に合った適切な治療をしてくれます。

新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひとも、新宿駅前クリニックを受診されてください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

魚の目の名前の由来は「魚の眼球」に似ているから

足の裏や指、手の平や指などの表皮の深い部分の角質が厚くなり、硬くなったものを魚の目と言います。名前の由来は、魚の眼球に似ているから、と言われています。また、江戸時代に魚の目を食べるとできると言われていたこともあり、角質の形が似ているということで、そう呼ばれるようになったようです。医学用語では鶏眼と言います。

他には、底まめ、いおのめ、などといった別名もあります。 あまり見た目にいいものではないし、歩くと痛いものなので、自分でどうにかしたいと思ってしまいます。しかし、削ったり、はさみなどで切り取ろうとしたりしてもうまくできません。

キレイに完治しないのであれば、皮膚科に行って適切な治療を受けることをおススメします。新宿区で皮膚科をお探しの方は、新宿駅前クリニックへのご相談をお勧めします。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

魚の目は固くなった角質が皮膚の深部に侵入して出来る

いつの間にかできてしまった魚の目。歩くと痛いし、なかなかよくならないものです。どうしてこのようなものができてしまうのでしょうか?その仕組みは次のようなことです。足に合っていない靴を履いていると、刺激を受け、圧力がかかっている部分の角質が厚くなります。

皮膚は足を刺激から守ろうとして、肥厚していきます。足は常に靴などで圧迫されていますので、皮膚の深部に向かって厚くなっていきます。円錐形の状態で熱くなっていくため、中心に芯ができるのです。 魚の目が気になりだすと、カッターなどで削りたくなるものです。

しかし、むやみに削ってしまうと、傷ができそこから雑菌が入って膿んでしまう、ということもあります。自分では触らずに皮膚科で治療を受けた方がいいでしょう。西新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご利用ください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,

自然と手足にできる魚の目の原因

手足に自然とできる魚の目。よく言われるのは足の裏や指です。原因は足に合っていない靴を履いていることです。窮屈な靴を毎日履いていれば、局所的に圧力がかかります。

それが刺激となって角質が厚くなり、長時間同じ状態を続けることで芯ができてしまいます。大きいサイズの靴を履いていても、靴の中で足がすべり、摩擦を起こすことが要因です。 手にできるものは、やはり、局所的に圧力がかかっていることが原因です。

手を使う作業をしていることで、その部分に負担がかかっているのです。できてしまったものは、セルフケアでは完治しにくいです。

皮膚科に行って専門的な治療を受けることをおススメします。新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひとも新宿駅前クリニックで治療を受けてみてはいかがでしょうか。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,

深いやけどの症状は腫れやみずぶくれ(水疱)が1~2日進行する

やけどが深い場合、腫れや水ぶくれ(水疱)といった症状が現れます。熱傷の分類によると、2度熱傷は表皮だけにとどまらず、真皮まで影響を受けます。そのため、やけどをした後、1~2日後には水ぶくれができ、強い痛みを伴います。2度熱傷は深いものなので、治るまでに3週間以上かかり、痕が残る場合が多いです。さらに3度熱傷になると、皮膚は壊死し、神経も変性します。その部分に感染を起こすと、傷が深くなり、治るのに時間がかかります。

傷が残ると精神的にもつらいものです。現在では医療も進み、治りにくい傷痕も治療ができるようになりました。傷痕の状態にもよりますが、気になる人は皮膚科に相談してみてはいかがでしょうか?新宿区で皮膚科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご相談ください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,

浅いやけどの症状は赤くなるだけ

やけどといっても程度はさまざまです。料理をしていてほんの少し油がはねただけ、熱湯が少量指にかかっただけ、というものや、煮えたぎったやかんのお湯を足全体にかけてしまった、などさまざまな原因によって、症状は異なります。
浅いやけどの場合は、皮膚が赤くなるだけです。浅い熱傷は、1度熱傷と言われ、最も軽いものです。表皮だけが傷んでしまうだけで、ヒリヒリとした痛みはあるものの、水泡ができたり、ただれたりすることはありません。1週間以内で完治します。
しかし、自分では軽いものだと思っていても、後になって傷んだり、炎症を起こしたりすることがあります。症状が回復しないようであればすぐに皮膚科に行くようにしましょう。西新宿で皮膚科の治療を受けたい方は、信頼度の高い新宿駅前クリニックを受診してみましょう。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:  カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,