冬の水イボ治療

水イボは夏場によくなってしまうことが多いのですが、伝染病のため、子供さんの間で一緒に遊んでいたり、プールに入ったりしてうつってしまうことがよくあります。新宿にある皮膚科などで早めの治療を心がけましょう。水イボは発疹の中にウイルスが含まれているおかゆのようなものが詰まっている状態で出来ますが、これをかいたりしてしまうことによってウイルスが散らばってしまい、他の場所にもうつってしまうのです。この水イボ自体は痛みも痒みもありませんが、かいたりして雑菌が入ってしまうと痛みなどが出てしまう場合もあります。潜伏期間がありますので、数週間から数か月を経てまた新たな水イボができてしまいます。

新宿の皮膚科でも治療可能ですが、この水イボは冬にもできてしまうことがあります。冬場の水イボは夏にできたものが完治していなかったため、ウイルスが飛び散ってしまった場所で潜伏期間を経て皮膚の表面にでてきたものです。水イボ自体は新宿の皮膚科などへ通わなくても治ってしまうことがあります。しかし伝染するものですから、一つが治ってもまた新たに出てきてしまうという具合で、きちんと潜伏しているものも完治させなければ完治まではかなり長引いてしまいます。治療に関しては医療機関によって早期治療をすべきという考え方と自然に治るものだから放置しておいてもよしという考え方があります。冬場に出てしまっている水イボはやはり夏場に治り損ねたものだと考えられますから、このように長引いてしまうのが嫌という方はきちんと夏のうちに完治させておくほうが良いでしょう。そういう意味では自然治癒は気の長くなるような話なので、新宿の皮膚科などきちんとした医療機関で治すほうがおすすめです。水イボは放置していた場合、個人差はあるものの、平均すると数か月で消えてしまうといわれています。早い人では1か月ほどで治りますし、逆に長い人の場合は1年間も発疹が出続けてしまうこともあります。特に夏場も冬場も伝染しないか注意したほうが良いのは皮膚のバリア機能が低下している人です。アトピーや乾燥肌のお子さんはバリア機能が低下してしまっていますので肌のケアは十分にしてあげましょう。

水イボを除去しなければいけない場合、皮膚科では麻酔テープなどを貼ってから40分から1時間ほど時間をおき、1つ1つ水イボの中にあるウイルスの入ったできものを取り除いていきます。取り除く時にはピンセットを使います。クリニックにもよりますが、発疹の数が少ない場合やスイミングスクールなど人が多い場所へ出入りする場合、本人や家族がのぞんだ場合などはこのような自然治癒以外の方法で治療が行なわれることがあります。しかし潜伏期間がある場合には1度では治療は終わらず、治療は冬にまで至ることもあります。他の方法としては液体窒素で焼くかイボに効果的だといわれているヨクイニンという処方薬を利用するという方法もあります。ヨクイニンは保険が適用されます。硝酸銀法で処置するというやり方もあります。水イボの一つ一つに硝酸銀のペーストを塗りこむことでそこに炎症反応が起こさせ、個人差はあるものの、大体数週間程度で治るようにするという方法です。スピール膏を貼るという方法では水イボの大きさにあわせてカットしたスピール膏を貼り付け、絆創膏で固定します。専用の絆創膏がありますので、そちらをはっておくとはがれにくくなります。スピール膏を使う場合で注意しなければいけないのはあまり大きくカットしてしまうと、スピール膏によって健康な肌までいためてしまうことがあるということです。2、3日そのままにしておくと炎症を起こしてかゆみが出てきますからスピール膏と絆創膏をはがしてしまいましょう。小さな水イボであればこの時にとれてしまいますのであとは消毒をして絆創膏などで治るまで保護しておけばOKです。ふやけなかった場合は何度か同じことを繰り返してみると良いのですが、大きな水イボや発疹の中のお粥状のものがうまく出てくれない場合にはピンセットでの除去となる可能性が高いです。通院する場合に便利なのは駅近のクリニックですが、新宿には新宿駅の西口から徒歩1分ほどで行けるクリニックもありますので便利です。この新宿のクリニックは予約が不要となっているので急に具合が悪くなってしまった時などもすぐに診てもらうことができるのがメリットです。それぞれの科に複数人の医師がいますし、電子カルテを10台使っているため、待ち時間も短縮されています。また治療費に関しても新宿のクリニックではなるべく保険診療ができるようにと配慮されていますから安心です。また女性の方でできれば女性の医師に診てもらいたいという方にも対応できるように現在では女性医師も常勤となっていますので、そうしたいという方は受付などで申し出てみると良いです。相談しやすい環境があることも大きなメリットの一つです。