冬はアトピーが悪化しやすい季節

アトピー性皮膚炎の人にとって、冬の時期は特に注意が必要なシーズンと言われています。それは、乾燥する時期になるとアトピーの症状が悪化しやすいからです。新宿区にある皮膚科クリニックによると、冬はアトピーが悪化しやすい季節であるため、肌をいたわるケアを行うことが大切であり、アトピーの症状が出始めた際には、きちんとした対処方法を身に付けておく必要があると指摘しています。
今回は、症例数豊富な医師が務める新宿区の皮膚科クリニックによる説明と共に、冬の時期のアトピーについて様々な観点から説明していきます。

アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、冬になるとその症状が悪化するという人が多く、そのたびに「なぜ冬になると症状が悪化しやすいのだろう?」と、疑問に思う人も少なくないでしょう。
新宿区の皮膚科クリニックによると、その理由には大きく2つが関係しているとしており、1つは「乾燥」であり、もう1つは「気温の低下」だと説明しています。1つめの乾燥に関してでは、空気が乾燥すると空気中の水分が減少するため、皮膚も収縮をします。すると、肌バリア機能の低下しているアトピー性皮膚炎の肌は、皮膚の表面にできている無数の小さな傷が裂けて広がりやすくなります。このような状態になると、更に肌バリア機能が低下していき、外部から受ける刺激などから防御できなくなってしまいます。傷が大きくなった状態では刺激を防ぐことはおろか、皮膚内の水分もどんどんと外へ蒸発させてしまい、肌がますます乾燥した状態となってしまうのだと、新宿区の皮膚科クリニックの医師は言っています。
乾燥によって皮膚が収縮をすると、当然皮膚が突っ張った状態となり傷が大きくなっていきます。それによって角質内に溜めていた水分の蒸散量も高くなり、様々な刺激を受けやすくなるというわけです。
新宿区の皮膚科クリニックの医師によると、アトピー患者は特に乾燥時期には徹底した保湿対策を行うことが大切だとしており、低刺激の保湿クリームなどを使用してこまめな肌ケアを行っていくこと、また皮膚に刺激となるような環境・物などにも気を付けることを徹底するべきだとしています。
刺激となる環境や物などには、乾燥の他に紫外線、大気汚染、プールや海水、医薬品、シャンプー・リンス・ボディソープ、各種洗剤、イエダニ・ハウスダストなど、日常生活に関わるあらゆるものとなっています。

アトピーを悪化させる原因には、乾燥の他に「気温の低下」も大きく関係していると新宿区の皮膚科クリニックの医師は説明しています。
その理由としては、冬になり気温が低下すると人間の体温も低下するため、血流にも影響が出てきます。体温が低下すると、人体では生存するために重要な脳や心臓などの臓器の温度を保つよう、脳が温かい血液を臓器へ送るように指令を出します。そのため、人体に流れるあたたかい血液はどんどん重要臓器へと流れていき、比較的優先順位の低い皮膚は後回しにされてしまうのだと、新宿区の皮膚科クリニックの医師は言います。このため、寒い場所にいると人体で一番先に血流が悪くなり手足が冷たくなるのです。よく足の指先などにしもやけができるのは、こうした理由があるためです。
更に、気温が低下して体温も低下し血流が悪くなることで新陳代謝も悪くなると、新宿の皮膚科医は話します。新陳代謝が低下すると当然皮膚のターンオーバー(代謝活動)も低下するため、アトピーがさらに悪化しやすくなるのです。
アトピー性皮膚炎にかかると、治ってもまた時期が来ると再発することが多く、根治は難しいと新宿の皮膚科医は話します。そのため、症状を現状よりも軽減させ、それを悪化させず維持していくことが一番の解決策となります。アトピーの根治は困難であっても症状を改善させることは十分可能であるとされているので、あきらめずにきちんと保湿対策を行って肌をケアしていくことが大切です。
アトピーの治療では、かゆみのもととなる湿疹の改善を行うことが一つです。そのために、軟膏などの外用薬を患部に塗布してかゆみを鎮める治療を行っていきます。この時に使用される外用薬には、ステロイド薬や非ステロイド系薬などで、患者さんの体調や症状の程度から使い分けていきます。このような外用薬の他に、アレルゲンとなる物質への反応を抑制させアトピー症状を悪化させない免疫抑制薬が配合された軟膏なども使用します。様々な種類の外用薬の他に、抗ヒスタミン薬などの内服薬も処方しており、これらを使い分けることで、ステロイドによる副作用を心配される患者さんも安心して使用できます。治療経験の豊富な医師が揃っている新宿区の皮膚科クリニックでは、アトピー性皮膚炎の患者さんに対して、体質・体調・症状から正しい用法・用量で薬を使い分け、適正で良質な治療方法で対応しています。
夏が終わり秋になると、徐々に空気が乾燥し始めます。アトピーの症状が比較的落ち着いている状態であっても、本格的な冬がやってくる前に自身でも保湿ケアなどで悪化を防いでいきましょう。