あせもの原因は汗?正しい対処方法と予防

汗を大量にかいた後しばらくすると、かゆみが出てきてその患部が赤く小さなブツブツになってしまった、という経験をした人も多いのではないでしょうか。これは「あせも」ができてしまったからであり、一度できるとそのかゆみに耐えられなくなり、どうしても患部を掻き壊してしまい症状を悪化させてしまうケースが多いです。
できればできてほしくないあせもですが、この皮膚炎ができる原因は汗だけなのでしょうか。新宿の皮膚科クリニックによると、汗の他にもその原因があるとのことです。ここでは、この新宿の皮膚科クリニックと共に「あせも」について、その原因や対処法、再発が起こらないように予防法などを学んでいきましょう。

新宿の皮膚科クリニックによると、「あせも」とは紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれる湿疹のことであり、汗を大量にかく夏の代表的な肌トラブルの一つとされています。
この肌トラブルができる原因の多くが、その名の通り「汗を大量にかく」ことです。しかし、夏場には誰しも大量の汗をかきますが、その全ての人にこの肌トラブルが起こるわけではありません。むしろ、多くの人が汗をかいてもかゆみを起こすことは少ないのではないでしょうか。この肌トラブルは、汗を大量にかいたことと他の条件が重なった場合に多く発症することが多いと、新宿の皮膚科クリニックは言います。それは、「汗をかいたことと、洋服などで汗をかいた部分が蒸れることで起こる」としています。汗を大量にかき蒸れた状態になると、汗が蒸発できなくなり皮膚の下にある汗管(かんかん)と呼ばれる部分に溜まってしまいます。するとそこに溜まった汗に含まれる塩分や老廃物などが刺激となり、皮膚に水ぶくれ(水疱)などの炎症を起こさせます。これがかゆみの原因になり、あせもが起こるのです。新宿の皮膚科クリニックによると、汗管は皮膚の奥にある汗腺からつながっている汗の通路のことであり、この通路は肌の表面までつながっているということです。
その他の原因として考えられるものには、汗腺の密度が高い・皮膚の肌バリア機能の低下している・皮脂の量が極端に多い場合や少ない場合などがあるとしています。これらの原因からなるこの肌トラブルの予防策はどこにあるのでしょうか。
出来れば、「あせもができない環境を作ること」が一番ではありますが、地球温暖化が進行している現代ではそのような環境を作りだすことや、1日中一定温度の場所にいることなどは難しいことです。そのため、新宿の皮膚科クリニックでは「なるべく肌トラブルを起こさないようにすること」が大切としています。
予防策としては、肌を清潔にする・吸湿や速乾に優れた衣類を着用する・保湿する・漢方薬を服用して体質改善に努めるなどを挙げています。汗をかきにくい衣類を着用し、汗をかいたら肌を清潔にして乾燥防止のため保湿をすることが一番効果的ということです。また、体質改善のために漢方薬を飲むことも有効としています。

新宿の皮膚科クリニックでは、このような予防策をとりながら、あせものできにくい状態にしていくことを勧めています。これらの改善策を講じても、以前と全く症状が変わらない場合「それはあせもではない可能性がある」と、新宿の皮膚科クリニックは言います。
この皮膚疾患と似た症状を持つ皮膚疾患がいくつかあるのをご存知でしょうか。新宿の皮膚科クリニックによると、間違えやすい病気には「汗疱(かんぽう)」と「汗疹性湿疹(かんしんせいしっしん)」の2つがあると言います。汗疱とは、「異汗性湿疹」・「汗疱状湿疹」などと呼ばれているもので、特に手のひらや足の裏などの角質の多い部位に発症することが多く、特徴は小さな水疱がいくつもできることです。この皮膚疾患は、放っておくと患部が乾燥し始めガサガサな状態になり、最終的には皮膚が剥がれ落ちるという状態になります。水疱ができる初期段階に、激しいかゆみが襲うのもこの疾患の大きな特徴です。
また、汗疹性湿疹は、この皮膚疾患と同様に夏の暑い時期に発症することが多い疾患で、汗に含まれているアンモニアなどの老廃物が、皮膚組織に刺激を与えることで皮膚が炎症を起こして発症します。特に首筋などの皮膚が薄くデリケートな部分にできることが多く、かゆみを伴いながら患部が赤くなり、次第に乾燥してザラザラしてくるという特徴があります。これらの皮膚疾患は、どれも激しいかゆみを伴うものなのでとても間違えやすい病気だと言えます。そのため、あせもができやすい人はこれらの皮膚疾患の特徴を知っておくことで、適切な対処方法を模索することができるのです。
あせもの治療方法としては、一番は「患部を掻かないこと」です。これは当たり前のことですが、掻かないことが炎症をひどくすることを防止して治りを早くするのです。小さなお子さんにできやすい疾患でもあるため、親御さんは、日ごろからお子さんの爪を短く切り位揃えておき掻き壊しを防止するようにしましょう。かゆみを伴うような状態になった場合には、皮膚科でステロイド剤を処方してもらい、早期の塗布で治療することが大切です。