知ってますか?老人性いぼの基礎知識

老人性いぼは誰にでもできるものです。予防と対処法を知っておいて、なるべくできないように心がけることでひどくならないようにすることができます。しかし、気になるようだったら除去することもできるので、新宿区など治療ができる皮膚科があるところに相談してみてください。対策としてはなるべく紫外線を避けることです。男性でも日傘や日焼け止めを使うなど、女性と同じように紫外線対策をしてください。また、スキンケアも欠かせません。保湿するための化粧水などをきちんと使用する、肌の血行を促進するためのクリームを塗るなどして肌を健康に保つようにします。内側から肌をサポートすることも大切です。ビタミンCやビタミンEといった肌を整えてくれる成分を摂取するようにします。睡眠不足もよくありません。ストレスをかかえて夜も寝ない生活をしていると、確実に紫外線ダメージがたまっていきます。タバコを吸っているのであれば今すぐやめるようにします。老人性いぼの症状やできやすい部位を知って、正しく予防や対処を行ってください。

老人性いぼは単なるシミから徐々に盛り上がってなったものです。最初は単なるシミだと思っていても、だんだん大きくなる可能性もあります。色も形も様々です。黒っぽいもの、灰色っぽいもの、褐色のものなどがあり、ほくろや皮膚がんなどと区別がつきづらいです。自己知識で判断せず、皮膚科で判断してもらうほうが賢明です。新宿区には皮膚科がたくさんあります。地元の皮膚科が合わないようだったら専門医がたくさんいる新宿区まで足を運んでください。新宿区の皮膚科には最新機器を取り入れたところが多いので、キレイに除去することも可能です。また、新宿区は競争が激しいのでサービスを徹底している皮膚科が多いです。町に一つか二つしかない皮膚科だと、最新治療を取り入れていないところもあります。手術に対応できるクリニックでなければ、気になるいぼを取り除けません。ちゃんと手術もできる、新宿区のような都心にある皮膚科で受診すると間違いありません。いぼというと表面がデコボコした突起物というイメージが強いですが、中にはツルツルだったりすべすべだったりするものもあります。そして痛みこそありませんがかゆいこともあります。気になるようだったら病院に行って取り除くべきです。良性だからと放置されることが多いですが、特に女性は気になる人もいます。町医者がとりあってくれないのであれば、新宿区といった都心の医者に相談してみてください。

老人性いぼは身体のどこにでもできる良性腫瘍です。正式名称は脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)と言います。日光に当たったことのある人ならば、誰でもできるいぼです。日光に当たらない人はいないわけですから、年をとると必ず出てきます。背中にもよく出ます。特に出やすい箇所としては顔、頭、首、胸元や手の甲などの露出しやすい部分が挙げられます。全身に出るものなので、これらの場所に必ずしも出るとは限りません。どの場所にできても老人性のものである可能性があります。ただ、急に拡大したり5,6カ月でたくさんでき始めたということであれば要注意です。悪性腫瘍が表面に出てきた可能性もあります。その場合、ダーモスコピーといった専門の検査機器を導入している新宿区の皮膚科を受診してください。もし検査機器を導入していなくても、いぼの一部を取って病理組織検査に回すことで診断することもできます。治療する場合、小さいうちはレーザーなどで取り除けます。液体窒素で除去する方法もあります。いぼを凍結させてかさぶた状にし、14日から28日程度かけてかさぶたを取り除く方法です。ただし、顔にできた場合は液体窒素での治療はできません。他にはほくろの治療にも使われる電気メスでの治療があります。小さいうちはこれらの治療法が用いられますが、大きくなってくると外科手術となります。メスで切除する方法です。もし範囲が広ければ、取り除いた後に他の場所から皮膚を移植することもあります。大きくしないためにもまずは知識を身につけて、なるべく手術にならないようにすることが大切です。基礎知識としてはまずメラニンについて知る必要があります。メラニンは紫外線により皮膚で作られる物質です。これは紫外線が肌の奥まで届かないようにするためのもので、肌に必要な物質です。古くなっていらなくなったメラニンは、通常肌の表面に浮き上がり他の不要物質とともに垢として出されます。これが老人になってくると、肌のターンサイクルが衰えてきてメラニンが蓄積してしまいます。これがシミです。いぼも同様に発生します。また、肌の新陳代謝が悪くなる条件が整えば老人でなくともなります。例えば、ずっと紫外線ダメージを肌に与え続けるとできます。遺伝が原因のこともありますので、一概に老人がなるものとは限らないということを知識として頭に入れておいてください。