アトピーの改善方法と生活習慣

年齢や性別に関係なく発症する皮膚疾患である「アトピー性皮膚炎」ですが、その発症原因は意外にも日常の生活習慣に隠されているケースがあります。
毎日辛いかゆみと戦わなくてはならないこの皮膚疾患を、生活習慣を変えるだけで改善するとしたら、きっとアトピー患者の誰もが、その改善方法を知りたくなるのではないでしょうか。そこで、今回は西新宿の皮膚科クリニックが教える、改善すべき生活習慣を詳しく見ていきたいと思います。どうぞ参考にしてみてください。

西新宿の皮膚科クリニックによると、アトピー性皮膚炎とはかゆみが伴う湿疹が、体全体の様々な場所にできる疾患で、それは顔や頭皮にも至るとしています。この疾患自体は、命に関わるような重篤な病気ではありませんが、体をチクチクと針で刺す様な、強烈なかゆみが慢性的に繰り返すのが大きな特徴であり、それにより夜も熟睡が間々ならず、不眠症を引き起こしたり、顔や首、腕といった露出する部位にできることでコンプレックスを負い、大きなストレスや精神疾患の原因にもなり得ると、西新宿の皮膚科クリニックは言います。これによって、患者さんの生活の質を著しく低下させる原因にもなり、小さなお子さんにとっては、将来をも大きく左右し兼ねない皮膚疾患でもあります。
アトピー性皮膚炎は、乳幼児期に発症することが多いと、西新宿の皮膚科クリニックでは言っており、発症後は一時的に慢性的経過をたどる場合がありますが、小学生・中学生と成長をたどるうちに徐々に改善され完治することも多くあるとしています。しかしながら、この皮膚疾患は個人により発症時期や発症状況がそれぞれ異なるため、中には幼少時代にアトピー性皮膚炎を発症した人が、大人になり再発するというパターンが、最近多くみられるとしています。
この皮膚疾患の原因としては、「非常に複雑である」と西新宿の皮膚科クリニックは伝えています。いくつかある原因としては、「遺伝によるもの」・「乾燥肌(ドライスキン)」・「アレルゲンが周囲にあるため」・「ストレス」などといった要因が、一つないし二つ以上が複雑に絡み合って発症するとしています。
日本では、医療が発達しているにもかかわらずアトピーが増えていると言われています。世界的にみると、この皮膚疾患が増加傾向にあるのは意外にも「先進国」に多いとされています。これはなぜなのでしょうか。
これは、発症の原因が普段何気に使用している物や食事、生活習慣などから起こっているということを示しているのです。例えば、風邪をひいたときに服用したかぜ薬であったり、また乾燥を防ぐために自身で購入した保湿剤であったり、更に食事に入っていた特定の食べ物であったりと、様々な要因から起こってくるのです。それに引き替え、発展途上国ではこの皮膚疾患はほとんどみられず、このことからもこの皮膚疾患が、生活環境と大きく関係しているということが分かります。
こうしたことからも、西新宿の皮膚科クリニックではアトピー性皮膚炎の改善に最も有効な手段は「薬やモノを止めること」としています。

西新宿の皮膚科クリニックによると、アトピー性皮膚炎の患者さんの症状を悪化させる要因には、夏の高温多湿環境・冬の乾燥・紫外線・大気汚染・プールや海の塩素や塩分・医薬品・シャンプーやリンス・入浴剤・洗剤・ハウスダストなどがあるとしており、これらを排除し規則正しい生活を送ることで、自然と改善に向かっていくとしています。
この皮膚疾患は根治が難しいとされており、そのため西新宿の皮膚科クリニックでは対症療法を用いて、地道な治療を行っていきます。まずは、アレルギーとなっている原因物質(アレルゲン)を解明してそれを抑制させる必要があるとしています。そこで西新宿のクリニックでは、検査や問診などでアレルゲンを特定し、その物質を避けた生活を送るようにしていきます。アレルゲンの多くはイエダニやハウスダストといわれており、実際にこのクリニックを訪れる患者さんの多くもこれらがアレルゲンである場合が多いとしています。
この皮膚疾患が改善する環境というのは、イエダニやハウスダストを排除した環境がベストであると言えます。しかしながら、ダニが全くいない環境を作りだすのは難しいとされているため、最小限にとどめた環境作りがベストであると言えます。そのためには、毎日の掃除やペットの飼育を避ける、またこのような皮膚疾患患者に効果的とされている、日本アトピー協会も推奨する、「アレルゲン低減素材で作られた布団カバー」などを使用することも効果的とされています。
生活環境が整ったら、今度は生活習慣にも気を配ることも必要です。その方法として、発展途上国の生活習慣にヒントがあると言われています。
発展途上国に見習うべきこととして、食事はおなかが空いたときに少量を食べること、食料調達には毎日徒歩で行うこと・夜が更けたら寝るという習慣を身に付ける・風邪を引いても薬に頼らず寝て治すなどがあります。
私達の現在の生活習慣は、全てにおいて正反対であると言えます。食べ物が溢れている現代では、好きなものを好きなだけ食べ、すぐ乗り物に頼ってしまいます。また、夜更かしが多く少しでも調子が悪いと薬に頼ってしまうという人は多いのでないでしょうか。こうした行動が、アトピーを増加させている原因でもあるのです。