日焼け止めと遮光の目的

みなさんは、夏にプールや海、大型レジャーに出かけるときには日焼け止めを塗っていますか。今、美白ブームが起こっているので若い女性たちは日焼け止めを愛用しています。有名な芸能人がプロデュースしているものが多く、子供でも使えるような自然由来の美容液を配合しているものもあります。遮光の目的として、美容だけだと思っている人もいますが、実際には、肌のかぶれや湿疹を抑える効果があります。日光は、皮膚を傷めてしまうので浴びすぎるのはよくありません。シミやそばかすの原因になるだけではなく、いろいろな病気を引き起こしてしまいます。たとえば、皮膚がんなども日光が原因で起こってしまうので、長そでで日傘で遮光するのがおすすめです。また、スプレー型の日焼け止めもあるので男性でも気軽に遮光できます。もし、どうしても外出しなくてはいけない場合は、食生活を改めることで、体に害を起こすメラニンを打ち消せます。キュウリやトマトなどの夏野菜には、皮膚をきれいにしたり、日を浴びた皮膚を再生させる力があるのでとても魅力的です。西新宿の皮膚科には、セミナーを開催されているところがあるので、悩んでいる人は相談してみるといいかもしれません。