ヘルペスについて

多くの人を悩ませる皮膚疾患には様々なものがありますが、その中の1つにヘルペスという症状があります。ヘルペスとは、主に唇にぷつぷつとした小さな水泡ができるという特徴があります。

痒みやピリピリとした痺れが伴ったりする場合もあり、見た目にもあまり良くないものです。
ヘルペスができやすい場所は唇だけでなく、体の至る部分に発症することが分かっています。唇以外にも、顔面や角膜、性器、手足、お尻などにも発症します。中でも、最も多く現れる場所とされるのが、唇です。
これらの症状を引き起こす原因と言えるのが、ウイルスです。このウイルスは、一度感染すると人間の神経細胞の中に隠れて存在しています。その場合、症状は現れないことが分かっています。しかし、精神的や肉体的なストレスなどで体力や抵抗力が低下すると、暴れ出すという特徴を持っています。
ヘルペスを正しく治療するには、十分な休養と睡眠、そして皮膚科などの医療機関を受診することが重要です。新宿の皮膚科には、治療実績の高さから多くの患者が毎日訪れています。ただの皮膚疾患だと軽く考えるのではなく、きちんと皮膚科に通い、根本治療を行うことが再発防止には重要なことなのです。