魚の目は固くなった角質が皮膚の深部に侵入して出来る

いつの間にかできてしまった魚の目。歩くと痛いし、なかなかよくならないものです。どうしてこのようなものができてしまうのでしょうか?その仕組みは次のようなことです。足に合っていない靴を履いていると、刺激を受け、圧力がかかっている部分の角質が厚くなります。

皮膚は足を刺激から守ろうとして、肥厚していきます。足は常に靴などで圧迫されていますので、皮膚の深部に向かって厚くなっていきます。円錐形の状態で熱くなっていくため、中心に芯ができるのです。 魚の目が気になりだすと、カッターなどで削りたくなるものです。

しかし、むやみに削ってしまうと、傷ができそこから雑菌が入って膿んでしまう、ということもあります。自分では触らずに皮膚科で治療を受けた方がいいでしょう。西新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご利用ください。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:   カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,