魚の目の名前の由来は「魚の眼球」に似ているから

足の裏や指、手の平や指などの表皮の深い部分の角質が厚くなり、硬くなったものを魚の目と言います。名前の由来は、魚の眼球に似ているから、と言われています。また、江戸時代に魚の目を食べるとできると言われていたこともあり、角質の形が似ているということで、そう呼ばれるようになったようです。医学用語では鶏眼と言います。

他には、底まめ、いおのめ、などといった別名もあります。 あまり見た目にいいものではないし、歩くと痛いものなので、自分でどうにかしたいと思ってしまいます。しかし、削ったり、はさみなどで切り取ろうとしたりしてもうまくできません。

キレイに完治しないのであれば、皮膚科に行って適切な治療を受けることをおススメします。新宿区で皮膚科をお探しの方は、新宿駅前クリニックへのご相談をお勧めします。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:   カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , ,