自然と手足にできる魚の目の原因

手足に自然とできる魚の目。よく言われるのは足の裏や指です。原因は足に合っていない靴を履いていることです。窮屈な靴を毎日履いていれば、局所的に圧力がかかります。

それが刺激となって角質が厚くなり、長時間同じ状態を続けることで芯ができてしまいます。大きいサイズの靴を履いていても、靴の中で足がすべり、摩擦を起こすことが要因です。 手にできるものは、やはり、局所的に圧力がかかっていることが原因です。

手を使う作業をしていることで、その部分に負担がかかっているのです。できてしまったものは、セルフケアでは完治しにくいです。

皮膚科に行って専門的な治療を受けることをおススメします。新宿で皮膚科をお探しの方は、ぜひとも新宿駅前クリニックで治療を受けてみてはいかがでしょうか。

新宿西口1分 皮膚科|お待たせしないクリニック

日付:   カテゴリ:西新宿の皮膚科コラム and tagged , , , , ,